無料会員登録はこちら
即日出荷送料についてはこちらから
商品分類からさがす
使用シーンからさがす
シリーズから探す
品番から探す
価格から探す
QA
メンテナンス・修理サービス
メールマガジン購読
プロの園芸作業

お問合せ先
アルスコーポレーション株式会社
総合企画部
〒599-8267
大阪府堺市中区八田寺町476-3

0120-948-482

受付時間:
平日/9:00〜17:00
E-mail :
info@ars-shop.net

※このメールアドレスへの特定電子メールの送信を拒否いたします

ARS
ホビークラフト

ホーム > 剪定の重要性

剪定の重要性

人気の高まるシンボルツリー

記念樹として、または家を象徴するシンボルツリーとしても庭木は人気があります。ガーデニングが苦手だったとしても、簡単なお手入れだけで季節感を手軽に感じられるのが庭木の魅力でしょう。空間に緑があると見る人の気分も和みますが、木が成長して敷地外に張り出してしまうと、歩行者や通行車両の妨げになってしまうおそれもあります。

剪定を怠るとこんな危険性も

個人宅の敷地から道路上へ張り出した枝の位置が高くても、枝そのものの落下や落雪、近くの電線に庭木の枝が触れてしまうことで、思わぬ事故が発生することも考えられます。また、枯葉が道路に散らばり景観を損ねてしまうこともあるでしょう。私有地から張り出した枝や葉は土地の所有者に権限があるため、個人の管理のもとで枝払い・伐採などの対応が求められています。

剪定する際のコツ

樹木の枝を切る際には、切れ味の良い剪定バサミやのこぎりを使用してください。切れ味の悪いハサミやのこぎりで切ると切り口がギザギザになり、樹木にとっても大きなダメージになります。

また、剪定する時の多くは枝を根本から切り取りますが、太い枝を切る時はいきなり上から切り落とさないよう注意してください。普通の木材を切る感覚で上からのこぎりを入れると、枝の重みで途中から裂けてしまうからです。そうならないよう、まずは切りたい箇所を決めて、その少し先の部分に下から切り込みを入れます。切り込みを入れた箇所から少し先の部分に上からのこぎりを入れて枝を落としましょう。その後あらためて切りたい部分を上から切ると枝の重みが軽減され、幹を傷つけずに切り口もきれいです。

伸びきった枝の剪定作業を行う際、近くに電線や電話線があると大変危険です。事前に最寄りの電力会社に連絡し、立会いのもと作業を進めてください。また、歩行者や通行車両にも十分注意なさってください。

ARS園芸刃物ショップでは、工作用・園芸用のこぎりを販売しておりますので、庭木の剪定にぜひお役立てください。プロの現場で活躍する軽量・高剛性のこぎりやお花屋さんも愛用の小型剪定鋏など、豊富な種類の工作用・園芸用のこぎりをご用意しています。また、替刃に加えておすすめ商品も数多く販売していますので、工作用・園芸用のこぎりをお探しでしたら、ARS園芸刃物ショップをご利用ください。